2018年

皆様こんにちは、野田です。2018年も残すところ後1日となりました。年々あっという間に1年が経ってしまいますが、その分充実した日々を過ごせているのかな〜と思ってもおります。さて今年も色々な思い出が皆様のお陰で出来ました。どの出来事も、とても比較する事が困難な、濃密なものばかりだった様に思いますが、でも今年は何より、4月にvisca 柔術の水野代表のもと、港区支部を発足した事から始まった1年だったと思います。勿論それには仲間達の存在無しにはあり得なかったと思います。

僕自身20代、30代はアメリカのウェスタンカルチャーで、色々なクリエイティブな現場を体験してきました。中でもヨーロッパや北米のクリエーター達の目の付けどころには常に刺激を受けました。

物や情報が溢れているこの時代は「何が新しくて」「何が古くて」といったことが重要視されがちですが、「物を作るプロセス」において、一番自分の宝になった考え方は「0から1を生み出す」と言う事でした。柔術の世界にもどこか共通する点がいくつもあるように思い、いつの日かそれを自分でも表現してみたいと思うようになりました。この「0から1を生み出す」というプロセスは、困難やたくさんの葛藤が存在します。それをブチ超える勇気が必要です。それを後押し助けてくれたのは自分の妻や次々と出会えた仲間達、そしてvisca 代表の水野さんでした。本当にこの一年、皆様には温かく見守って頂き、ありがとうございました。来年もこの「0から1を」と言う信念を元に、頑張って行きたいと思っております。どうか引き続きよろしくお願い致します。

野田

関連記事

  1. 2018/4/15 ドゥマウ団体2位

  2. 月に一度のプレミアムクラス!

  3. 初めての試合

  4. 港区スポーツセンター!!

  5. 週2日の練習

  6. 9月試合月間

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。